エルフーンスイクン

8月19日(日)に開催されたあんぐらオフに参加しました。
ダブルバトルの対戦会でした。
3勝4敗。
使ったパーティーは、安定して勝てる構築ではなかったものの、
どんな強い相手に対しても調子が良ければ勝てる、理不尽に自分のペースに持ちこめる、
といった特長を備えた自信のある構築になりました。ただし弱い。




パーティー紹介
ユキノオー ゆきふらし
まもる、ふぶき、くさむすび、こおりのつぶて@くろいてっきゅう
197-112-95-158-106-58 (れいせいHC、最遅)

ロトム氷 ふゆう
10まんボルト、ふぶき、ほうでん、かみなり@こだわりメガネ
157-63-128-172-127-106 (ひかえめHC)

スイクン☆ プレッシャー
ぜったいれいど、おいかぜ、ミラーコート、しんそく@オボンのみ
207-95-148-110-159-102 (のんき、HBDSに適当に調整)

エルフーン いたずらごころ
まもる、アンコール、くさぶえ、やどりぎのタネ@きあいのタスキ
167-78-106-97-139-136 (おだやかHD)

シャンデラ もらいび
オーバーヒート、ねっぷう、シャドーボール、トリック@こだわりスカーフ
136-67-110-216-110-132 (ひかえめCS)

ガブリアス すながくれ
げきりん、じしん、ほのおのキバ、ダブルチョップ@こだわりハチマキ
183-182-115-88-106-169 (ようきAS)

よくある霰パのように見えます。カポエラーとかが入りそうな枠に代わりにエルフーンが入っている程度の変化に見えますが。
今回の主役はエルフーンスイクンです。
「くさぶえ」と「ぜったいれいど」を使います。
GSのドーブルスイクンみたいなのを使いたいと思ったのですが、「ダークホール」は現在の環境では使えません。
そのため、代わりにくさぶえを使うエルフーンを用いることにしました。
「キノコのほうし」を覚えたドーブルでもいいのかもしれないですが、雨パのキングドラ等が相手だと先に身代わりを張られてしまい、何もできなくなってしまいます。
素早さ関係を無視した、いたずらごころ「くさぶえ」が弱いわけ無いですよね。当たれば。

本家のGSのドーブルスイクンでは、先発の2体で場を荒らした後に、スカーフオーガおよびメガネディアルガという高火力で残りを一掃します。
この構築に倣い、ハチマキガブリアスとスカーフシャンデラを後発に置くことにします。
ガブリアスのハチマキ「げきりん」、シャンデラの「オーバーヒート」で残ったポケモンを倒します。
以上のように、スイクンエルフーンガブリアスシャンデラが基本選出です。

ガブリアスもシャンデラもこだわりもちであるため、トリパを相手にするとまもってターンを稼ぐことができず、厳しいです。
そこで、最遅でさらに鉄球を持たせたユキノオーをトリパ対策として加えます。
トリパが相手の場合は、シャンデラではなくユキノオーを選出します。

また、雨パの場合は、シャンデラの火力が半減してしまうため、この場合はロトムを代わりに選出します。
本来は水ロトムにしたいんだけれど、なんとなく霰パの体裁を保ちたかったので、氷ロトムにしました。

以上が概要です。
簡単に対戦レポ。

みなもさん(シャンデラ、バレル、エルレ、スイクン、ドーブル、カビ)勝ち
スイクン   3エルレイド
エルフーン2 4ドーブル
ガブリアス  1カビゴン
ユキノオー  逃スイクン
交代で出てきたカビゴンに対し、出てきたターンに零度があたる。
エルレイドが強化されたけども、それに対しても早い段階で零度があたったので勝ち。

かえでさん(ニョロ、グドラ、ルンパ、カポ、ウルガ、ラティオス)勝ち
スイクン   1ニョロトノ
エルフーン  4キングドラ
ガブリアス  2カポエラー
(ロトム氷)  3ラティオス
1ターン目に零度が命中、キングドラは身代わりを使ったので、次ターンにアンコール。
序盤から自分のペースに持ちこめ、そのまま押し切って勝ち。

げんさん(バンギ、クレセ、ガブ、ボルト霊、ガッサ、グロス)負け
スイクン 5 6キノガッサ
エルフーン2 3ボルトロス霊
ガブリアス4 1メタグロス
シャンデラ7  バンギラス
ボルトロスのボルチェンをミラーコートで跳ね返し、後ろから出てきたグロスに当てる。
ガッサがすぐ起きて、スイクンが眠らされエルフーンが倒されるが、ガブリアスで逆鱗を使い相手側のポケモンをいろいろ削る。
最終的にスカーフシャンデラvsガッサ・HP赤のバンギとなり、バンギにねっぷうが外れていわなだれがあたり負け。
最後だけはポケモンらしくなった。

おやつさん(ライチュウ、ファイヤー、ニョロ、グドラ、カポ、ナット)勝ち
スイクン   3キングドラ
エルフーン2 1ニョロトノ
ロトム水   5ファイヤー
(ガブリアス) 4ナットレイ
地道に眠らせて零度を何回も打って勝った、のだったはず。
ナットレイに1発で零度があたったのが大きかった。

あきらさん(ボルト霊、トルネ、トリトドン、クレセ、サザン、ローブ) 負け
スイクン 5 4サザンドラ
エルフーン1 2クレセリア
ガブリアス7 6ボルトロス
シャンデラ3  ローブシン
序盤から全然ぜったいれいどが当たらなかった。
ガブリアスを前にしたサザンドラにおいかぜを使われ、こちらは守れないためいったんシャンデラを捨ててその間に追い風をする、という行動を強いられるなど、自分のペースに持ち込むことが出来なかった。

へきさん(ハリテ、ドサイ、バレル、シャンデラ、ドータ、ユキノ)負け
スイクン 3  ドサイドン
エルフーン2  シャンデラ
ガブリアス6 1ドータクン
ユキノオー5 4ハリテヤマ
交代で出てきたドータクンに対し、1発で零度がヒットしたのはおいしかった。
シャンデラをガブリアスのダブルチョップで削り、あとは相手にあえてトリルを発動させれば、
こちらの鉄球ユキノオーで制圧できるかと思ったが、ダブルチョップが外れてしまう。
ダブルチョップを選択してしまったのが甘かった。強気に逆鱗をうつべきだった。

ウチノさん(クレセ、グロス、バンギ、マンダ、トドン、ズキン) 負け
スイクン 1  クレセリア
エルフーン2  ボーマンダ
シャンデラ5 4メタグロス
ガブリアス2  バンギラス
零度が全然当たらず、スイクンが何もしないまま倒され、眠らせたポケモンも目覚め3-4の状況に。
そのまま押されて負け。序盤でうまいこと当ててペースを握れないとあっさり負けます。

午前中3勝1敗で調子乗ってたら、午後から3連敗した。
まあ完全に運とか調子とかで決まるパーティーだから、そんなこともあるだろうし仕方ないなー。
ただ、前日の時点では、大きく負け越すだろうと予想していたから、それよりはマシだったかしら。

悔しかったからフリー対戦を何回か申し込んだけど、序盤から技が全然当たらずなかなか勝てない。ドラさん、オリーブさんに惨敗。あれあと一人誰かに申し込んだはずだけど。
最後にかろうじてワイルドさんに勝てました。序盤くさぶえでよく眠ってペース握れた割にはぎりぎりだった。
最初に30%や55%を引き当てなきゃいけない、という時点で無茶な構築だったね。知ってたけど。
フリーを含めると通算は4-7かな。うーむ3-4で止めておけばよかった。



暇な時間に1:1シングルの大会を後ろのほうでやってたけど、これについてはまた別に記事を書きます。

準決勝での門番さんの砂ガブが攻撃を当然のようによけており、砂ガブを使ってみたくなりました。
私を知っている人からすると、私のダブルのガブリアスは鉢巻きを持っている印象が強いらしいので、残飯を持たせると意表がつけるのではないかな。
今の構築はまあ半ばヤケクソだったので、もうちょっと勝てる構築を今後は目指したい。

おつかれさまでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

saimal310

Author:saimal310
サイマルです。好きなユキトドは絶対零度を連打するユキトドです。
twitter: saimal_poke, saimal310
skype: sai-maru

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR