サワムラー1:1 まとめ

その1:7月のKCSにて。
その2:8月の富山オフにて。

11月の富山オフでも、当然キャナさんとサワムラー1:1の対戦を行いました。
キャナさんがシングルダブル両方で予選抜けてたので、準決勝の最中にバタバタしながらスクリーン占領して対戦。
今回もマッチ戦(2本取った側が勝利)で。

選出
106.png

1戦目:
1T
相手サワムラー:「ねこだまし」1割
自分サワムラー:ひるみ

ここでは猫だまし選択。相手のサワムラーが自分より早いことが判明。

2T
自分サワムラー:「フェイント」ノーマルジュエル発動、1割
相手サワムラー:「みがわり」

とりあえずジュエル使ってかるわざを発動させる。

3T
自分サワムラー:「フェイント」外れ
相手サワムラー:「とびひざげり」7割
自 残り1割
相手 残り7割+みがわり

相手の身代わりを壊すために膝を打ちたい場面・・・なので相手がそれを読み「まもる」と思い「フェイント」を選択。
しかし普通に動いてきた。読みが外れた。
更に、「フェイント」が外れてしまう。相手の持ち物は光の粉であることが判明。
「とびひざげり」を受けてギリギリ耐えるも、次の先制技で落ちる危険な状況。負けたと思った。

4T
自分サワムラー:「とびひざげり」 身代わり破壊
相手サワムラー:「とびひざげり」外れ、相手サワムラー5割
自分:残り1割
相手:残り1割

適当に膝を選んだら相手が勝手に自滅してた。

5T
自分サワムラー:「フェイント」1割、相手サワムラーひんし

しっかりフェイントを当てて勝ち。
負けたと思ったのになぜか逆転している。
まさにサワムラー1:1の真髄と言うか、面白さが詰まった熱い1戦でした。

2戦目:
相手の情報は
ねこだまし、みがわり、とびひざげり、何か(守る?) @ひかりのこな
すばやい ねこ+膝を耐えたことから特性捨て身ではないorA252振りでは無い
ということが1戦目から分かっています。
まず1T目は、
相手の「ねこだまし」を予想して「まもる」を選ぶか
逆に、相手が自分の「まもる」を呼んで「みがわり」を使うか。
という2択になっています。

1T:
自分サワムラー:「ねこだまし」ノーマルジュエル発動、2割
相手サワムラー:ひるんでうごけない

2T:
自分サワムラー:「とびひざげり」8割、相手ひんし

1Tの択勝って、そのあとしっかり膝を当てて勝ち。
まああと1回負けてもいいという余裕が有るので、楽に勝てそうな択の方を選びました()
そしたら通った。ラッキー。

というわけで今回も勝利。やったあ。




せっかくなので、過去に使った構築を紹介しましょう。
7月:
106.png
125-172-74-37-130-152
まもる、とびひざげり、(マッハパンチ)、ねこだまし @きあいのタスキ、かるわざ
何の変哲もないASサワムラー。当時は「マッハパンチ」でしたが、ここは「フェイント」が最適。

8月:
106.png
150-147-115-49-130-107
まもる、とびひざげり、フェイント、かげぶんしん @のんきのおこう、すてみ
わんぱくサワムラー。進化させるのがちょっと面倒くさい。
ようきA252サワムラーの「とびひざげり」+「フェイント」を耐える調整。
耐久高くして影分身を用い、消極的に勝とうとするサワムラー。
「かげぶんしん」1積みで相手の「カウンター」を避ける意識の高さ。

11月:
106.png
151-140-114-44-130-115
まもる、とびひざげり、フェイント、ねこだまし @ノーマルジュエル、かるわざ
わんぱくサワムラー。耐久調整の基準は8月のと同じ。
残りを素早さに回して、かるわざ発動後にスカーフ最速サワムラーを抜ける調整にしてあります。
技はテンプレの4つに戻しました。まずはノーマルジュエルを発動させ、相手の上を取れるように立ち回りたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

saimal310

Author:saimal310
サイマルです。好きなユキトドは絶対零度を連打するユキトドです。
twitter: saimal_poke, saimal310
skype: sai-maru

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR