【ダブル】Zハロウィン ~最強のカボチャをたがやせ!~

秋の季節を感じたい。
170916.jpg
【構築の由来】
すっかり涼しくなって、秋になりましたね。
秋っぽい構築を組もう。秋といえば、「ハロウィン」を使いたい。
サンムーンにおいて、ドーブルで「ハロウィン」を使う構築はあったけど、
パンプジンで使っている構築は知らないなあ。
(※参考:ドーブルでハロウィン)
【サンムーン・全国ダブル】メガジュペッタを使いたかった話~ジュペドー式ハロウィンパーティー~
ダブル害悪3人衆によるメレラキ
せっかくなので秋のカボチャの風情を感じるためにも、パンプジンを使う構築にしよう。

【やること】
ワザ:「ハロウィン」の効果は、対象にゴーストタイプを付与するというもの。
格闘弱点のポケモンに使うと、耐性が変わって面白そう。
また、「Zハロウィン」の効果は、使用者のABCDSが各1段階上昇。「Zテクスチャー」等と同じ効果。
  ・「Zハロウィン」でパンプジンの能力を上げつつ、隣のポケモンの耐性を変化。
   さらに隣のポケモンがパンプジンに「じこあんじ」をすれば、能力の上がったポケモンが2体並んで強そう。
「じこあんじ」をするなら、せっかくだしもっと能力を上げたいなあ
  ・フワライドのシード&「ちいさくなる」バトンを加える。
  ・カプ・ブルルの「たがやす」でこうげき・とくこうも上昇させる。

【個体紹介】
s426.pngフワライド かるわざ
226-86-96-111-113-103
まもる、ちいさくなる、シャドーボール、バトンタッチ @グラスシード

s787.pngカプ・ブルル グラスメイカー
なまいき177-150-139-105-157-74
バークアウト、ウッドホーン、たがやす、じこあんじ @オボンのみ

s711.pngパンプジン おみとおし
いじっぱり192-143-143-68-106-86
ハロウィン、ゴーストダイブ、タネマシンガン、やどりぎのタネ @ゴーストZ

s233.pngポリゴン2 トレース
ひかえめ192-90-111-168-116-84
トライアタック、シャドーボール、じこさいせい、じこあんじ @しんかのきせき

s248.pngバンギラス すなおこし
いじっぱり207-170-130-103-120-113
まもる、いわなだれ、かみくだく、りゅうのまい @バンギラスナイト

s530.pngドリュウズ すなかき
ようき 185-187-80-55-85-154
つのドリル、ドリルライナー、アイアンヘッド、いわなだれ @きあいのタスキ

・フワライド
ちいさくなるを積んでバトン。割と放置されるので積むことはできる。

・カプ・ブルル
先発で出して、「バークアウト」で相手の能力下げてフワライドの積みの補助。
大抵先に落とされるので「たがやす」や「じこあんじ」を使う機会は少ない。
どっちかを「まもる」にしても良かったかも。

・パンプジン
この構築の趣旨。攻撃技はタイプ一致の2つ。
耐久がそこそこあるので、「やどりぎのタネ」でちょっとずつ回復でも間に合うときは間に合う。
当初暗示要因はブラッキー(S65族)も考えていたため、65族抜きまで素早さに振った。

・ポリゴン2
暗示要因。耐久があるため採用。
攻撃技はタイプ一致の「トライアタック」と、「ハロウィン」を受けてタイプ一致になる予定の「シャドーボール」で。

ここまでの4体s426.pngs787.pngs711.pngs233.pngが基本選出。
フワライドで「ちいさくなる」を積んで、パンプジンに「バトンタッチ」して、「Zハロウィン」をして、ポリゴン2で「じこあんじ」を使う。
この4体だと、炎や飛行や氷が一貫してたり、天候パに弱そうだったりするのが気になる。
そのあたりを補完しつつ、空いてるメガ枠も使えて、
さらに「ハロウィン」を活用できそうな、格闘弱点だったり悪ゴースト打点のあるのポケモンを
のこり2枠に入れたいな。
→バンギラスドリュウズs248.pngs530.pngで良さそう。

・ドリュウズ
ラッキーに負けたのが悔しいので、「まもる」を切って「つのドリル」が入った。
・バンギラス
なんとなくメガバンギラスは「りゅうのまい」を使わなきゃいけないような気がした。

【戦績】
レーティングで6勝4敗(1500→1530)
うーん、ぱっとしない。

【反省】
ハロウィンは10月31日。
一方、今は9月半ば。
フライングしすぎている。

ダルネールロットを超えるような、積み技によるポケモンの要塞を建築する素晴らしい構築が出来たと思ったんだけどなー。
大勝ちはできなかった。
まあ勝ち越しているのでダルネールロットは超えているけど。

パンプジンとポリゴン2で理想通りに積んで暗示ができたとしても、
さほど圧倒的な火力があるわけではないので、
そこから相手の4体を倒すのに時間がかかる。
さらに、素早さも早いわけではないので、なんだかんだで被弾しちゃって倒されるというパターンもあった。

暗示要因の候補としては、以下のものがあった。
「Zハロウィン」→「じこあんじ」の順番になるよう、充分遅くて、
さらに「じこあんじ」のターンに被弾しても耐えられるそこそこの耐久を持つポケモンだと、
・ポリゴン2
・ジバコイル/レアコイル
・ブラッキー (アシストパワーが気になったけど、結局火力は低いかなあ?)
・アマルルガ (鋼4倍とか、まだまだ沢山弱点は残る)
・サザンドラ (早い、パンプジン側も結構すばやさ振らなきゃいけない)
・レジ各種 (レジガルドを想起させてしまう)

類似の構築を組みたくなった人は、参考にしてください。
スポンサーサイト

【ダブル】アタマテッカテッカ サーエテピカピカ

語呂合わせで構築を組みたくなった。
170914.png
【構築の由来】
ご存知の通り「ぼくドラえもん」ですね。
twitterでかちゅーしゃさんとアオリアさんの会話を見て、
これは構築にしてもギリギリ戦えそうな気がした。
170914-3.png
【やること】
猫だましで補助しつつテッカニンの加速「つるぎのまい」「バトンタッチ」~
で考えていたけど、バトン展開は難しかった。
猫だまししつつサーナイトの攻撃を通せれば勝てる。

【個体紹介】
170914-2.png
アメタマLv1 すいすい
おっとり11-5-4-6-6-6
あわ @ピカチュウZ

テッカグヤ ビーストブースト
いじっぱりHAS 204-146-123-114-121-102
ヘビーボンバー、じしん、タネばくだん、かえんほうしゃ @とつげきチョッキ

テッカニン かそく
ようきHBS 168-110-91-56-70-205
まもる、むしくい、つるぎのまい、バトンタッチ @きあいのタスキ

サーナイト トレース
おくびょうCS 144-71-85-177-135-145
まもる、ハイパーボイス、サイコキネシス、アンコール @サーナイトナイト

エテボース テクニシャン
ようきAS 150-152-86-72-87-183
ねこだまし、なげつける、ギガインパクト、とんぼがえり @おうじゃのしるし

ピカチュウ ひらいしん
ひかえめCS 111-61-60-112-70-142
ねこだまし、10まんボルト、くさむすび、アンコール @でんきだま


選出はエテボース・サーナイト・ピカチュウ・テッカグヤ固定が良さそうだった。

アメタマ:完全な見せポケ。Lv1にすることで、
「がむしゃら」あったっけ? 
タスキを持ってるんかな?
サーナイトでトリックルームをするトリパかな?
等と、見せ合い画面で相手に余計な考慮を必要とさせる。

【戦績】
レーティングバトルで5勝5敗。1500→1500

【反省】
この構築の続編は、
ソルガレオ、ドーブル、マクノシタ、アーボックドラピオン、エモン
とすると自然と組めるのだが、伝説枠のソルガレオが入ってしまったためレーティングでは使えない。

【ダブル】キロメガギガテラペタルガン

ギガルガンのさらに上や下を目指した。
170906.jpg

【構築の由来】
ギガルガンと呼ばれる組み合わせがある。
(参考:【サンムーン/WCS2017】JCS本戦ベスト4 真昼ルガルガン軸岩雪崩構築
ギガイアスの『すなおこし』とルガルガンの『すなかき』のシナジーを生かした組み合わせだ。
この組み合わせ、何より名前がいいよね。
ギガのルガンってメガ進化のさらに上を行っているような感じがして。
それなら、さらにもっと上のテラルガンはどうだろう?
逆に下をいくメガルガンのパワーはちょっと低い?

【やること】
ルガルガンで「いわなだれ」を打ちたい。

【個体紹介】

ギャロップ ほのおのからだ
ようき140-152-90-89-101-172
まもる、フレアドライブ、ワイルドボルト、つのドリル @ホノオZ

メガニウム しんりょく
ずぶとい 187-82-154-116-120-100
やどりぎのタネ、リーフストーム、カウンター、めざめるパワー氷 @イアのみ

ギガイアス すなおこし
ゆうかん 192-205-151-79-100-27
まもる、ワイドガード、いわなだれ、ストーンエッジ @オボンのみ

プテラ プレッシャー
ようき 155-157-86-63-95-200
いわなだれ、こおりのキバ、おいかぜ、ちょうはつ @きあいのタスキ

ジュペッタ おみとおし
いじっぱり 177-148-98-90-103-85
ゴーストダイブ、かげうち、みちづれ、いばる @ジュペッタナイト

ルガルガン すなかき
いじっぱり 182-154-102-63-95-134
いわなだれ、ストーンエッジ、アクセルロック、ほのおのキバ @こだわりハチマキ

・ルガルガン
とにかく「いわなだれ」を打つ。配分は喰いタンさんのギガルガンを参考に。

・ギガ枠 ギガイアス
ギガ枠はレジギガスとギガイアスから選択。ここでは当然『すなおこし』のギガイアスを選ぶ。
ギガルガンはとりあえず「いわなだれ」を選ぶしかないので、使う側の負担は少ない。

・テラ枠 プテラ
テラ枠はプテラとテラキオンから選択。浮いている分プテラを選んだ。
テラルガンで上から「いわなだれ」を連打したら、相手は一生動けないと思っていたが、そうでもなかった。

・ペタ枠 ジュペッタ
テラの上の単位はペタ(peta, 10^15)というらしい。なかなか使う機会はないですね。
貴重なメガ進化枠。
ペタルガンの並びでは、「いばる」を打って強化することが出来る。
割とカプ・レヒレは出てきやすいので、相手のミストフィールドを利用するか、或いは素いばるで混乱しないのを祈るか。

・メガ枠 メガニウム
メガ枠はメガニウムとメガヤンマから選択。水や草に強そうなメガニウムを選んだ。
メガヤンマのエアスラ+ルガルガンのいわなだれで相手を止めるのも面白そうだったけど、さすがにタイプのバランスを優先した。
メガルガンの並びでは、ルガルガンの苦手な水タイプをメガニウムが牽制してくれる。

・キロ枠 ゛ャップ
キロ枠はきれいに該当するポケモンは存在しない。
カイロスを無理やりキロ枠と主張しようかと思ったけど、無理があるらしい。
170906.png

もっと無理をするなら、キロキザン、ミロキロス、モキローなども思いついたけど、
キロの文字列が名前の中に見えるギャロップを採用した。
ルガルガンが苦手な鋼タイプを焼く。
あと無理だと感じたら「つのドリル」で相手を破壊する。
ギャロップは意外と技が豊富。威嚇のない耐久の低いウインディと覚えば良い。

【戦績】
レートで5連敗 (1750→1660)
こういう種族値の低い構築を使うには、スタート地点がちょっと高かった。

【反省】
いやーあんまり強くないかもなー、とは思ったけど、まったく勝てないとはなあ。「いわなだれ」のひるみの可能性を考えれば、半分くらいは勝てるかと思っていたのだけれど。
あまり耐久が信用できなくて、交代もできないので立ち回りの幅が狭い。
「いわなだれ」の通りにくい相手(じめんタイプ)に打つ技が乏しい。
「いわなだれ」だけで勝てるほど、世の中甘くないね。

【WCS2017/WCSダブル】カビゴンフェローチェ その4

カビゴン+フェローチェその2の変更点を思いついた。
170817saimal.png

【構築の由来】
「スピードスワップ」を太鼓カビゴンに向かって打っていたけど、
コータスに打ってもいいのでは。

【やること】
カビゴンの場合:

1.フェローチェ「スピードスワップ」、カビゴン「はらだいこZ」 
(素早さ実数値交換、HPすべて回復後にはらだいこ) 129-616-117-82-130-223 になる。
2.カビゴン「まもる」、フェローチェ「とんぼがえり」
3.素早くて強いカビゴンとスカーフカプ・テテフとかで並べて、上から制圧する。

コータスの場合:
()
1.フェローチェ「スピードスワップ」、コータス「からをやぶる」
実数値が162-210-105-286-74-446になる。 
2.コータス「まもる」、フェローチェ「とんぼがえり」
3.キュワワーの「フラワーヒール」でコータスのHPを回復しつつ、「ふんか」。上から制圧する。

【個体紹介】
カビゴン あついしぼう
258-154-117-82-130-31
まもる、はらだいこ、おんがえし、いわなだれ @ノーマルZ

フェローチェ ビーストブースト
147-187-51-148-57-223 (せっかち個体、陽気が望ましい)
まもる、スピードスワップ、とんぼがえり、とびひざげり @きあいのタスキ

カプ・テテフ サイコメイカー
146-90-95-182-135-161
サイコキネシス、マジカルシャイン、ムーンフォース、10まんボルト @こだわりスカーフ

キュワワー ヒーリングシフト
158-62-123-102-165-120
フラワーヒール、ドレインキッス、にほんばれ、トリックルーム @メンタルハーブ

ウインディ いかく
165-162-100-94-101-161
フレアドライブ、ワイルドボルト、インファイト、かみくだく @こだわりハチマキ

コータス ひでり
162-105-160-143-113-22
まもる、ふんか、かえんほうしゃ、からをやぶる @フィラのみ

コータスとキュワワー以外はその2のまま。

コータス:
単にスピードスワップするだけだと火力が足りないと思い、ついでにからをやぶった。
スピードスワップをするターンは、相手の攻撃を素で受けなきゃいけないのだけれど、
HC振りでは特殊耐久が不安だったため、とくぼうを重点的に振った。
カプ・テテフの「サイコキネシス」を耐える程度。とくこうは11n。
破った後の「ふんか」でガブリアスやウインディは倒せない。

キュワワー:
たまたまBOXにいた個体なので配分の意図は不明。
「フラワーヒール」を打つ役目。
カビゴンを入れる場合はあんまり選出せず、コータス入りで選出する。
「ドレインキッス」もとくせいのおかげで先制技になって便利。ただしテテフ一緒に出してはいけない。
一応「トリックルーム」もあるので、トリルからカビゴンコータスで殴るような戦い方もできる。

【戦績】
WCSレートで1600代を停滞。
多分無理にコータスを出そうとして負けている。

【感想】
今までのカビゴンフェローチェのみの場合に比べ、選出の幅が出来たのは面白くて良いかな。
但し、コータス選出よりカビゴンの選出の方が強いのが悲しい。

【全国ダブル】エルテラトリパ

エルテラが流行っているらしいので、私も使ってみた。
170811saimal.png

【構築の由来】
8/6の私のtwitterより引用。
・私も流行に乗ってエルテラを使おうかしら。
・最遅テラキオン+トリルエルフーン辺りが一番頭悪いかな。
・エルフーンでトリックルームして、何となく倒れてテラキオン+アクジキングの並びになって、ぶんまわすで相手殴りつつテラキオンも強化したら強くないですか。ないですか。

【やること】
ゲンガーのトリックルームからアクジキングとテラキオンを並べる。

【個体紹介】
アクジキング ビーストブースト
298-121-73-163-105-43 れいせいCD 最遅
りゅうせいぐん、あくのはどう、ヘドロばくだん、ぶんまわす@ドラゴンZ

メタグロス クリアボディ
187-193-150-99-121-90 いじっぱりHAD
コメットパンチ、しねんのずつき、バレットパンチ、だいばくはつ @こだわりハチマキ

エルフーン いたずらごころ
167-77-113-97-132-136 おだやかHBD
ムーンフォース、くさぶえ、てだすけ、トリックルーム @メンタルハーブ

テラキオン せいぎのこころ
198-199-110-92-110-101 ゆうかんHA最遅
まもる、インファイト、いわなだれ、どくづき @パワーアンクル

ゲンガー のろわれボディ
167-78-81-200-95-103 れいせいHC最遅
ふいうち、シャドーボール、ヘドロばくだん、トリックルーム @きあいのタスキ

ガラガラ(アローラ) ひらいしん
167-145-131-69-100-45 ゆうかんHA 最遅
まもる、ホネブーメラン、フレアドライブ、シャドーボーン @ふといホネ

【WCS2017/WCSダブル】味方を食べるアクジキング いつのまにかこの構築と殆ど同じになっていた。グロス・ゲンガー・アクジキングが同じ個体。

基本選出は先発:メタグロス・ゲンガー、後発アクジキング・テラキオンで。
メタグロス:だいばくはつ
ゲンガー:トリックルーム
たぶん「だいばくはつ」を通しつつ、グロスより早いポケモンの攻撃をゲンガーがタスキで耐えてトリックルームを貼れる。

死にかけてるゲンガーの横にアクジキングを出して、
アクジキング:ぶんまわす
ゲンガー:→ひんし
アクジキングの「ぶんまわす」でゲンガーを倒してビーストブースト発動。

アクジキング:ぶんまわす
テラキオン:(せいぎのこころ発動)
アクジキングの「ぶんまわす」でテラキオンのせいぎのこころ発動。攻撃をあげる。

ゲンガー:ふいうち
テラキオン:(せいぎのこころ発動)
ゲンガーとテラキオンが並んだ場合でも、「ふいうち」で攻撃を上げられる。

基本選出のグロス以外の3体で、どう並べてもステキムーブが出来そうです。

メタグロス:
爆弾。

ゲンガー:
トリパっぽく見えない、さらにエルテラにいても不思議でないので
今回もトリックルームの使い手として採用された。
「ぶんまわす」で倒れる前に相手のタスキを削る程度に入れていた「ふいうち」だが、
テラキオンの補助にも使えることができる。

アクジキング:
臆病ボーマンダくらいの火力とメガガルーラくらいの耐久を持つ。
トリックルームを貼ってから出すつもりなので、「まもる」を切って攻撃技4つで。
「ぶんまわす」でゲンガーを巻き込んだり、テラキオンを巻き込んだりする。

テラキオン:
「ふくろだたき」は受けないけど、細かく味方の攻撃を受けるテラキオン。
タイプ一致の「いわなだれ」と「インファイト」と、あと1枠はフェアリーに通る「どくづき」で。
持ち物はくろいてっきゅうだと遅くする気満々なのがバレバレであるが、
パワーアンクルだと育成時の持ち物のまま連れてきてしまった、という言い訳が通るかもしれない。
でもゲンガーで「トリックルーム」貼ってるので、苦しい言い訳か。

エルフーン:
出さない。どうしようもなければ「くさぶえ」で妨害する。
最遅エルフーンはSが108で、テラキオンのS個体値が19勇敢だったら109なので、
そういうテラキオンを調達できるなら、トリルから袋叩きという動きにしてもいいのかも。

ガラガラ(アローラ):
基本選出のアタッカーであるアクジキングとテラキオンが共に格闘とフェアリーに弱いため、
そのあたりに強そうなポケモンとして入ってきた。
それと、トリパは相手のモロバレルに悩みそうなので、モロバレルに強そうな枠としても入れた。
結局出してない。

【戦績】
レーティングバトルで10勝0敗(1610→1750)
第10回石川オフ(8/11)で2勝4敗予選落ち。
すべて基本選出。(

【感想】
絶対弱いだろうなーと思って組んだら、
レートで10連勝出来てしまって困惑してしまった。
かと思えばオフ会では全然うまく回らず負け。

相手からすると、
エルテラやエルゲンの並びで見せ合いでいろいろ悩まさせた挙句、
ゲンガーグロスという謎の先発なので、
そこで不思議に見えるらしい。

意表を突くのがいいのか、ちゃんと高いすばやさを活かす方がいいのか、難しいところである。

あとエルテラから入ったはずなのに、エルフーンを全然出さず、消えたも同然という問題。
エルテラを名乗っていいのかどうか。
プロフィール

saimal310

Author:saimal310
サイマルです。好きなユキトドは絶対零度を連打するユキトドです。
twitter: saimal_poke, saimal310
skype: sai-maru

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR